証券マンが記す転職記

しがない証券マンが、今後のキャリアについて考えるブログ

トランプ氏劇的勝利と株式相場

おはようございます。Sです。

今回は、このブログのテーマと全く関係ないことを書きます笑。

 

米国大統領選挙、まさかのトランプ氏劇的勝利!

この結果を予想していなかった投資家は一転リスクオフ、昨日の日経平均は一時1000円超下げました。

 

今年に入って1~2月のオイルマネーショック、6月のイギリスショック、そして今回のトランプショック。

この1年で3回相場が暴落するという、とても貴重な経験が出来ました。(もちろん悪い意味で笑)

 

今後、この結果やイギリスのEU離脱を受けて、世の中は民主主義社会における国民投票の在り方についてもっと議論される必要があるんじゃないかと個人的には思います。

日本で民主党が政権をとった時もそうですが、やっぱり人は合理性で動かない。中長期的な視点で見た国益なんかは実際誰も予想なんかできず(良くTVに出るようなアナリストや評論家も例外ではない)、

 

・現政権には不満があって、なんとなく環境を変えるために民主党に票いれてみようかな・・・。

・本当に高速道路が無料になったり、教育費削減されるんなら実際足元の生活助かるじゃん!

 

という心理になるのが人として当然な思考のように思います。

多数決がはたして本当に民主主義的で世の中を形作るために優れた制度なのか。これからもこの議論は注目です。

 

ちなみに、東京マーケットは大幅下落でしたが、欧州とNYは昨晩上がって終わっています。(日本だけ売られ損。笑)

トランプ氏の掲げる減税やインフラ投資、保護主義的な政策は米国内の賃金の伸びやインフレを促すだろうということでドルも一転大幅に買われました。

 

ここで、株式投資をされている方に!

今回の日本株暴落の原因は、トランプ大統領が日本企業の今後の業績に悪影響を及ぼすから・・・

ということではなく、マーケット参加者がトランプ大統領に決まることを全く予想していなかったから。

その都度株価というのはマネーの需給によってのみ決まり、相場は経済学ではなく心理学によって動きます。

 

昔から成績優秀でエリートだった人が慶応大学に受かってもだれも驚かないけど、ビリギャルが慶応に受かったとなると世間から注目される。

株もこれと同じ笑、いかに事前の予想を上回るか、あるいは下回るかです。

今期決算がよさそうだから株買ってみよう・・・というときには、事前のアナリスト業績予想は必ずチェックしましょう!

決算よかったのに事前予想を上回らず株価が下がる。この光景は本当によく見ます。

 

是非参考に!