証券マンが記す転職記

しがない証券マンが、今後のキャリアについて考えるブログ

転職体験談④

こんばんは、Sです!

今回も転職体験談を匿名でご紹介致します!

 

国内大手証券会社→インターネット広告会社(25歳・女性)

 

土台を築くことができた、証券会社の営業というステージ

 

 もともと、ビジネスマンとしての基礎を築くために3年くらいは働こう!となんとなく思ってました。対人関係におけるコミュニケーション能力やビジネスマナーなどは、どこに行っても必要不可欠だと考えたからです。そして実際の証券会社での営業のお仕事は、良くも悪くも数字ではっきりと成果が表れる。もともと学ぼうと思っていたスキル+気合や根性という精神的スキル(笑)、目標に強くこだわるという、仕事をするうえでの基本的な姿勢を身につけることが出来たかなと思います。

 一方で、意思決定が遅いというのは大企業の欠点かも。期の目標が2ヶ月経った後におりてきたりすると、「もう残り少ないじゃん」と思ったり。あとは、ずっと断られ続けていたお客様と取引頂くことが美学みたいなところがあるけど、「それって本当にお客様の役に立つ正しいことなのかな?」と思ったりしていました。そういったことからだんだんと働きにくさが募り、もう転職してしまおう!と決意しました。

 

■さらなるキャリアステップとして、ネット広告会社へ!

  

 私の最終的なキャリアゴールは、絶対になくならない市場、かつ自分の好きな化粧品に携わる会社で、商品の企画の仕事をすること。そのために必要なスキルを身につけられる会社!というのが軸でした。

それに、大企業ならではの欠点も見てきた中で、次はベンチャー企業に転職しよう!と思っていました。そして実際に何社か面接を受けてみると、ベンチャーに勤めている人ってなんとなく斜に構えているような人が多いなーと。そんな中、今の会社の方々は真面目で、地に足ついている印象を受けたので、「この会社にしよう!」と決めました。

 仕事内容は事業会社の商品を、ネット広告を通じ広めていこう!というもの。動画作りや資料作成力など、将来的に必要な企画、デザインスキルを今の仕事を通じ高めることが出来ています!

 

■自身の成功基準

  

 私が生み出している価値が正解か分からないから楽しい。数年後自分がどんな姿になっているか、分からないから楽しい。「分からない」ことに正解を出していくことが今のやりがいだと感じています。

それに今の仕事は「社内の評価向上=お客様の役に立っている」は成り立っていると思うので、やるからには1番をとりたい!と思っています。

 

「うしろめたいと思わない仕事で、分からないことへの挑戦を実感している時」

 

それが私の成功基準です。