証券マンが記す転職記

しがない証券マンが、今後のキャリアについて考えるブログ

環境

みなさんこんばんは、Rです!

 

いわゆる総合職での採用をされた方なら、いつかは経験するであろう、異動に関して思うところを述べたいと思います。

 

私もSも、共に異動を経験しておりますが、やはり一番感じるのは、異動を経験すると、同じ会社の同じ業種とは言えど、大きく違いを感じることがあります。

 

異動をすることで何が変わるか。具体的に、主なものとして以下のことが挙げられるでしょう。

•上司が変わる

•同僚が変わる

•顧客が変わる

当然で、自明です。では、それに付随して何が変わるか。仕事や会社に対する既存のイメージすら、大きく変わることがあります。

転職した友人に聞いても、各転職エージェントのアンケートでも、転職理由として大きく挙げられるものは、大きくは「人間関係」に関するもの、「やりがい」に関するもの、「評価」に関するものの3つに大別されるように思います。

その中でも、「人間関係」に関するものが圧倒的に多く、おおよそ50%以上がこれに該当します。

 

私自身、社内での人間関係が悪化した時に仕事のパフォーマンスも低下し、それがやりがいの無さに繋がるという経験があります。読者の皆さんはいかがでしょうか?自身の置かれた環境が整わないと、仕事に対して真正面から向き合えません。

特に営業職の方々であれば、「リレーション構築」というスキルのプロであるはず。社内でのリレーション構築すら出来ていないかもしれないという事実に向き合うことには、少しでもプライドをお持ちであれば、認めたくない事象であると感じます。その事実から目を逸らしたいがために、「やりがい」を感じられない、であったり、「自身の評価」が悪い、であったり、別の理由を探してしまいがちになってしまいます。

 

それが、異動を経てどうなるか。人間関係を含む環境の変化に対し、これまでと同じ仕事に対して、考えはどのように変わるでしょうか…。

 

これから異動を経験される皆様、すでに経験されている皆様が、環境の変化が仕事に対する考え方を変えるかもしれない、ということを考えるきっかけになればと思います。