読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

証券マンが記す転職記

しがない証券マンが、今後のキャリアについて考えるブログ

主体性

こんばんは、Sです!

 

今回は、「主体性」について思うところを書いてみようかなと。

 

今私が働いている会社でも、若手の育成は経営における重要課題の一つであり、大企業ならどこでもそうだと思います。

そして、上司が新人や若手に、「主体的に行動しろ!」と言っているのをよく耳にします。

 

結論から言うと、私は会社で主体性を教えるというのは不可能だと思っています。

若手が心の底から腹落ちして仕事の意味を理解し、なんのために仕事をしているのかが自分の中で明確であれば自然と主体的になれるし、そうでなければ受け身になる。

 

何事に対しても主体的に取り組めば人生が豊かになることは間違いないのですが、もしそうでなければ、私は環境を変えるか考え方を変えるかの2択しかないと思っています。

 

その人の性格や人生背景を理解しようとし、そういった選択をするための「気づき」を与え続けることが、社会において若手に対する本当の教育なんじゃないかと思うのです。