証券マンが記す転職記

しがない証券マンが、今後のキャリアについて考えるブログ

ベクトル

この世界がきみのために存在すると思ってはいけない。世界はきみを入れる容器ではない。

世界ときみは、二本の木が並んで立つように、どちらも寄りかかることなく、それぞれまっすぐに立っている。

きみは自分のそばに世界という立派な木があることを知っている。それを喜んでいる。

世界の方はあまりきみのことを考えていないかもしれない。 

 

池澤夏樹スティル・ライフ」より)

 

Rです。読書の秋ということで(遅い)、最近本をいつもより少し多く読んでいます。その中で出会った、(現在このような活動をしているからなのか)最も印象に残った一文です。

 

この文章の、「世界」を「会社」に置き換えてみてください。

会社は容器ではなくて、自分のための存在ですらなくて、自分のことを考えてくれてもいない。

 

多分、そんなもんでしょう。

 

会社は能動的に利用すべきものと考えられやしませんか?

入社当初の僕(等)がそうだったように、

「ただそこにあるだけ」の会社に多くを求め過ぎていのかもしれません。